Bhumisparsa – Kiku Hawkes

Bhumisparsa 施無畏印 – Kiku Hawkes
http://www.kikuhawkes.com/

Held In Sure Arms (A provisional message)

Like a reed that sways with every breeze,
My heart is feeble; it cowers in constant fear.
Dear woman,
With your beautiful, dauntless right arm,
Hold this body tight, I beg you.
And gently soothe this shudder-causing mind’s affliction.
And plain hold me, wind your arms around me,
Press your shoulder flush next to mine,
Then place on my feeble heart,
That sweet warm hand of yours.
O, put your hand here next to my heart,
Dear woman.
And say to me now,
In your tear-muffled, kind-spoken words,
‘Now, now, sweet child,
Don’t you fear a thing.
You’re fit, you’re fine,
No matter what threatens your heart, don’t be frightened.
Just stare far out at the distance, that’s all.
Mind you, not an eyeblink,
Lest your timid heart fly off like a dove.
Stand firm, ever at my side.
And take my heart which has vigor to spare,
And take these hands that attract you,
And this chest, and these arms,
And hold on tight to this undaunted bosom.’

Quoted from “Blue Cat”
an anthology of Sakutaro Hagiwara
Japanese Poet, 1886 – 1942
Translator: Unknown.

強い腕に抱かる
萩原朔太郎 (1886 – 1942) 詩集 『青猫』 より引用
平成23年春 日本への絵手紙,メッセージにかえて(仮)

風にふかれる葦のやうに
私の心は弱々しく いつも恐れにふるへてゐる
女よ
おまへの美しい精悍の右腕で
私のからだをがつしりと抱いてくれ
このふるへる病気の心を しづかにしづかになだめてくれ
ただ抱きしめてくれ私のからだを
ひつたりと肩によりそひながら
私の弱々しい心臓の上に
おまへのかはゆらしい あたたかい手をおいてくれ
ああ 心臓のここのところに手をあてて
女よ
さうしておまへは私に話しておくれ
涙にぬれたやさしい言葉で
「よい子よ
恐れるな なにものをも恐れなさるな
あなたは健康で幸福だ
なにものがあなたの心をおびやかさうとも あなたはおび
えてはなりません
ただ遠方をみつめなさい
めばたきをしなさるな
めばたきをするならば あなたの弱々しい心は鳥のやうに
飛んで行つてしまふのだ
いつもしつかりと私のそばによりそつて
私のこの健康な心臓を
このうつくしい手を
この胸を この腕を
さうしてこの精悍の乳房をしつかりと。」

Kiku Hawkes Biography

Vancouver-based artist and photographer Kiku Hawkes was born in Germany and raised in New England, emigrating to Canada in the mid-70’s.

During her years at Friends World College, an experimental university founded on Quaker principles, she traveled extensively, studying in Nepal, India, Japan and Mexico.

Hawkes attended the Emily Carr Institute of Art and Design, entering with advanced standing, and majoring in Photography. Since graduating she has created a diverse body of work in alternate process and photo-based media.

Hawkes has also participated in a broad range of photographic and related creative endeavours, including instruction of creative practices in diverse venues ranging from traditional arts institutes to parallel galleries to women’s prisons; and the production of numerous educational media productions for labour and professional associations. She has also curated several exhibitions, including a 2-month long, city-wide series of site-specific installations in collaboration with the international project “World Artists For Tibet.” Between 2008 and 2009 Hawkes worked on the digital assemblage and restoration of the 15 ft. X 53 inch, North Wall mural of the Norbu Lu Khang temple in Lhasa, Tibet. Prior to the invasion of Tibet by China, this 1000 year-old meditation chamber was exclusively used by the Dalai Lamas and their teachers.

Hawkes’ artworks have been exhibited across Canada, and collected by both private and public institutions. She has also received national and international awards for her work in commercial photography. Support has come from many sources over the years, including parents, friends, community and government agencies.

キク・ホークス (Kiku Hawkes) について

キク・ホークス (Kiku Hawkes) は、バンクーバーを活動拠点とする画家,写真家です.ドイツで生まれ,ニュー・イングランドで育ち,70年代中頃にカナダに移住しました.キリスト友会(クエーカー)の教義に基づく実験教育で有名な大学フレンド・ワールド・カレッジ (Friends World College) 在学中,ネパール,インド,日本,メキシコ等の世界各地でフィールド・ワークを重ね,その後,エミリー・カー美術大学 (Emily Carr Institute of Art and Design) に通い直し,そこで単位の振替を認められた上,写真学を専攻しました.

卒業してからは,汎用的な銀塩現像処理を見直し,古典印画技法と現像後処理の組み合わせにより,古くて新しい表現媒体の可能性を探求し,その後の彼女の作品に特徴的な,個性的表現手法の礎を完成させて行きました.

ホークスは、個人的な探求だけに留まらず,広範囲にわたる写真関連の創造的営み,社会的な試みにも積極的に参加してきました.例えば,伝統芸術機関への協力を始めとして,一般には知られることのない女性刑務所内における制作発表の環境構築まで,あるいはまた,労働者,専門事業者協会のための教育用メディア制作にもかなりの数関わっており,生涯にわたって多種多様な創造の現場での実践指導を重ねてきたのです.

彼女は、また、いくつかの展覧会を運営した経験もあります.これには,国際プロジェクト『チベットのための世界のアーティスト展』(World Artist For Tibet)との共同企画として,2ヵ月にわたって街全体にわたって繰り広げられたサイトスペシフィック・インスタレーション(設置場所自体を題材にとりこむ空間美術)などが挙げられます.

2008年から2009年にかけては,チベットはラサのノルブ・ル・カン寺院(Norbu Lu Khang, Lhasa)の,15フィートx53インチの北壁壁画の電子技術による再現,つぎはぎ修復に取り組みました.歴代ダライ・ラマとその師僧たちだけが使うことを許されたこの瞑想堂は,中国によるチベット侵略の前夜まで、1000年の歳月にわたって維持保存されてきたはずのものでした.

ホークス制作の美術作品はカナダ国内全土にわたって広く展示されており,個人及び公共機関によって数多く所蔵されてきました.彼女は、また、商業写真の制作分野においても国家的および国際的な賞をいくつも受賞しています.家族や友人,地域共同体,そして政府機関からも多大な支援と支持を受けながら,公私にわたって芸術的活動を繰り広げています.(訳責:瀬戸)

Kiku Hawkes
http://www.kikuhawkes.com/
http://www.kikuhawkes.com/blog/

This entry was posted in Art / Craft, Multi-orbital Hub. Bookmark the permalink.

One Response to Bhumisparsa – Kiku Hawkes

  1. Dearest,I’am the Belgian originator of the”World Artist For Tibet”project in 1998.Today I’m working on”Disaster Free Buildings”,At this matter I met Some top-delegation of Japan,Russia,UN and Belgium.If You have an e-mail adress
    I will send You some information.
    Sincerely Yours
    Frank Liefooghe(info google and “world artist for tibet”)